1. TOP
  2. レモン水の効果・効能6選【ダイエット・便意解消】飲み過ぎのデメリットには注意?

レモン水の効果・効能6選【ダイエット・便意解消】飲み過ぎのデメリットには注意?

 2018/01/20 美容  

最近では、「美容健康」ために「ミネラルウォーター」を飲む方が増えていますが、これに「レモン」を加えることで、さらなる効果が期待できるのを知っていましたか?

ここでは、「レモン水の効果効能」「作り方・飲み方」「摂取時の注意点」などについてわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

スポンサードリンク

レモン水とは

レモン水

レモン水

「ビタミンC」「食物繊維」「クエン酸」などが非常に豊富な「レモン」の「果汁」と「水」を一緒に摂取できる「レモン水」は、「美肌・美白(ビタミンC)」「デトックス(食物繊維)」「ダイエット(クエン酸:代謝向上・脂肪燃焼作用)」への効果が抜群。

「デトックス」に関しては、通常、「水」を飲むだけでその効果が大いに期待できますが、そこに「食物繊維」が多く含まれる「レモン」をプラスしてあげることで、より効率的に「毒素を排出」することが可能となり、特に「便秘」に悩まれている方には「即効力」が見込まれます。

この「食物繊維」には、「水溶性」と「不水溶性」の2つがあるのですが、何と、「レモン」には双方の「食物繊維」が含まれているのですよ!

また、「レモン水」のもたらす以上のような「効果・作用」とあわせて「食欲抑制効果」もあることから、「1~3日程度」の期間で行う「プチ断食」に取り入れることもおすすめ。

定期的に「ファスティング・プチ断食」を行っている方は、その際に参考にしてみてください。

塩レモン水

「レモン」を「塩漬け」することで「発酵」させた「塩レモン水」は、「レモン水」のように「そのまま飲む」ということの他、あらゆる「料理」に活用しやすい「美容健康効果満点」の「食品・飲料水」です。

もちろん、「レモン水」と同様に「美肌・美白(ビタミンC)」「デトックス(食物繊維)」「ダイエット(クエン酸:代謝向上作用)」への効果は抜群!さらに、「塩レモン水」を「料理」に取り入れることで「減塩」をすることができるため、「むくみ予防」などにも効果的となります。

また、「レモン」の「酸味」と「塩」の「塩分」が「唾液」を出す働きを高めることで「消化」がスムーズ化され、自然と「太りにくい体質づくり」を行うことも可能ですので、ぜひ定期的に摂取するようにしてみてください。

尚、飲み過ぎることがなければ、「塩レモン水を飲むことが危険をもたらす」ということはありません。

レモン水は苦い?

時と場合によっては、「レモン水が苦い」と感じることがあります。そういったときは、原因となっている「皮」「ワタ」を厚めに剥くなどすると、「苦味」を軽減させることができます。

もし、「皮」を丸ごと取り入れたいようであれば、「冷凍」させてあげることで、回避することが可能です。

レモン水の効果・効能6選

ダイエット効果

「レモン」に含まれる「ミネラル」「クエン酸」には、「新陳代謝向上作用」による「脂肪燃焼」があるため、「ダイエット」には非常に効果的です。また、「ペクチン」という成分が、「空腹感」を「緩和」させてくれます。

便秘解消効果

「レモン」に含まれる「不溶性食物繊維」と「水」を一緒に摂ることで、「腸内」において「水分吸収」をしっかりと行ってくれる他、「水溶性食物繊維」は「腸内蠕動運動」を誘発してくれるため、「便秘解消」には非常に効果的です。

口臭・口内炎・虫歯予防改善

「レモン」に含まれる「クエン酸」には、「口内バクテリア除去」「たんぱく質分解」への作用があるため、「口臭予防」の他、「口内炎」や「虫歯」を予防することが可能です。

免疫力向上効果

「レモン」に含まれる「カリウム」「ビタミンC」には、「血圧上昇抑制」「脳・神経機能への刺激」などへの働きがあるため、「風邪予防」など、「免疫力」を向上させる効果に優れています。

疲労回復効果

「レモン」に含まれる「クエン酸」には、「疲労物質」の原因とされている「乳酸」を「分解・排出」させる作用があるため、「ミネラル」の吸収率が高まり、「疲労感」を解消させるということに効果的です。

美肌・美白効果

「レモン」に含まれる「クエン酸」には、「老廃物・毒素排出」「血流促進」などの働きがあるため、「肌トラブル」を改善することに効果的です。さらに、「ビタミンC」が「肌」における「うるおい」「コラーゲン生成」をしっかりと行うので、「美肌・美白」効果も大いに期待することができます。

レモン水を飲んでダイエットで痩せた人の口コミ

前述したような効果効能の高い「レモン水」を実際に取り入れたことで、「痩せた」という方がいます。

どの方も、「3日〜1ヶ月半」と比較的短期間で成功しているので、それぞれの「口コミ」を参考にしてみてください。

レモン水の作り方

「レモン水」の効果を十分に得るには、やはり「新鮮なレモン」を使用して手作りするのがおすすめ!ただし、「時間に余裕がない」という方であれば、「ポッカレモン」で代用することも可能です。

「作り方」はとっても簡単ですので、早速ご紹介していきますね。

レモンで作る方法[はちみつをプラスすれば相乗効果も!]

レモンを用いたレモン水の作り方

【レモン水の材料】

  • レモン=1つ
  • ミネラルウォーター=1L
  • 完成したレモン水を入れる容器(ボトル)

【レモン水の作り方】

  1. 「レモン」をよく洗います。
  2. 「ミネラルウォーター」を「容器」に入れます。
  3. 「1」の「レモン」を「2~3mm程度」にカットします。
    「レモン」は「皮」にも「栄養」が豊富に含まれているため、丸ごと使用するようにしましょう。
  4. 「3」の「レモン」を「2」に入れます。
  5. 「4」を「冷蔵庫」で「2~4時間程度」を目安に寝かせれば完成です。

【レモン水をさらにおいしくさせるには?】

「レモン水」をさらに「おいしく」「飲みやすく」するには、「お好み(適量)」で「蜂蜜(はちみつ)」をプラスしてあげるのがおすすめ!

「蜂蜜(はちみつ)」には、「腸」を刺激してくれる「グルコン酸」が含まれているので、「腸内環境」をしっかりと整えてくれる他、「便秘解消」にも効果を発揮してくれます。

また、「砂糖」と比較しても「蜂蜜(はちみつ)」は「低カロリー」ですので、「苦味が気になる」などの問題が生じたときなど、ぜひお試しになってみてください。

ポッカレモンで作る方法[ポッカレモンの割合は?]

ポッカレモンを用いたレモン水の作り方

【レモン水の材料】

  • ポッカレモン=大さじ2~2.5程度
  • ミネラルウォーター=1L
  • 完成したレモン水を入れる容器(ボトル)

【レモン水の作り方】

  1. 「ミネラルウォーター」を「容器」に入れます。
  2. 「1」に「ポッカレモン」を入れれば完成です。

塩レモン水の作り方

塩レモン水の作り方

【塩レモン水の材料】

  • レモン=1つ
  • ミネラルウォーター=1L
  • 粗塩(岩塩など)=適量
  • 完成したレモン水を入れる容器(ボトルなど)

【塩レモン水の作り方】

  1. 「レモン」をよく洗います。
  2. 「1」の「レモン」を「輪切り」にカットします。
    「レモン」は「皮」にも「栄養」が豊富に含まれているため、丸ごと使用するようにしましょう。
  3. 「2」の「レモン」を「容器」に入れて「粗塩」と交互に重ねていきます。
    「容器」が隠れる程に「塩」を入れると良いでしょう。
  4. 「3」を「1週間程度」を目安に「冷蔵庫」で漬けていきます。
  5. 「ミネラルウォーター」に「4」をお好みで加えてあげれば完成です。
    「冷蔵庫」であれば「1ヶ月」の期間は保存ができます。「そのまま」飲むと「塩分」が気になると思いますので、できるだけ「薄めて」から飲むようにすると良いでしょう。

レモン水を作り置きする場合

「レモン」に含まれる「ビタミンC」などの「栄養成分」は、「カット」してから時間が経過するにつれて「減少」していきます。そのため、「完成後」の「レモン水」は、できるだけ早く飲みきるようにしてください。

ただし、「レモン水」を「長期保存」したいという場合は、「レモン水」を予め「濃いめ」に作り、「製氷皿」に入れて「冷凍庫」で凍らせた後に「密封食品保存用袋」で保存することで「2~3週間程度」、「保存期限」をのばすことが可能です。

水道水ではなくミネラルウォーターや炭酸水で作るのがおすすめ

水道水ではなくミネラルウォーターや炭酸水で作るのがおすすめ

「レモン水」に使用する「水」は、「不純物」が取り除かれているとともに「栄養価」の高い「ミネラルウォーター」を使用するようにしましょう。その他、「デトックス作用」を促す「炭酸水」や寒い時期であれば「白湯」にすることもお勧めです。

レモン水を飲むタイミングには要注意

朝と夜・寝る前ではどのタイミングがいいの?

「レモン」には「ソラレン」という「紫外線に過剰反応しやすい物質」が含まれていることから、「レモン水」の「摂取直後」に外出してしまうと「シミ」ができやすい状態となってしまうため、「朝」に飲むことはおすすめできません。

「レモン水」が「ダイエット」「デトックス」「美肌・美白」への「効果」に優れていることはもちろんのことなのですが、「飲むタイミング」を間違えてしまうと、せっかくの「効果」も台無しに。

ですから、「レモン水」は可能な限り「夜」に摂るようにしてください。

飲み過ぎによるデメリットは?具体的な注意点は?

レモン水は歯に悪い?

「レモン水」は「酸性度」が高くなっているため、「定期的」に飲むことで「歯表面」の「エナメル質」を溶かしてしまう恐れがあります。これにより、「近く過敏症になる」「黄ばんで見えるようになる」などの症状が発生するため、この点には十分に注意が必要です。

ただし、「飲み方」を工夫してあげれば、このような問題を回避することができますので、以下の方法を参考にしてみてください。また、「歯」のためにも、「摂取直後」に「歯磨き」をしないようにしましょう。

【レモン水の飲み方】

  1. ストローで飲む
    「歯」に直接あたらないように「ストロー」を使用します。
  2. 摂取後に口をすすぐ

妊婦の場合でも飲んで大丈夫?

「レモン水」は、妊娠中でも摂取することが可能です。「妊娠期特有」の「肌荒れ」や「便秘」「むくみ」「イライラ」などへの「改善効果」が期待できますので、ぜひ取り入れてみてください。

ただし、「あまり刺激の強くない味」の「レモン水」をおすすめします。

レモン水はペットボトル・水筒に入れないこと

「レモン水」などの「フルーツ系飲料水」や「スポーツドリンク」を「水筒」に入れると、「水筒内」の「銅」が溶け出し、「食中毒」を引き起こす危険性があります。

その他、「ペットボトル」の場合は「酸性質」によって溶け出すということが懸念されるため、くれぐれもこの2つの容器は使用しないようにしてください。

まとめ

ここまで、「レモン水の効果効能」「作り方・飲み方」「摂取時の注意点」などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

「レモン水」は、「ダイエット」「デトックス」「美肌・美白」への「効果」が抜群であり、正しい方法で摂取していけば、必ず身をもって実感することができます。

もし、すぐに「効果」が現れなかったとしても、「効果なし」と決めつけず、続けていくことが重要です。あなたも「レモン水」を定期的に取り入れ、身体の内側から「美容健康」を実現していきましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

Corollia[カローリア]の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Corollia[カローリア]の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  • ヤクルト乳酸菌の効果のすごさ!飲料別に成分・数(量)・種類の違いを徹底比較

  • スイートアーモンドオイルの効果・効能5選と使い方【髪・顔・クレンジング】

  • マルセイユ石鹸の本物と偽物の見分け方と使い方【洗顔・洗髪】

  • ナチュラグラッセを徹底解説!代表商品と口コミ

  • プーアル茶の効果・効能4選【ダイエット・便秘解消】|飲み過ぎは下痢に注意?

  • シークワーサージュースおすすめランキング3選!原液を使用したレシピ・作り方も紹介