1. TOP
  2. なた豆茶の効果・効能9選【腎臓回復、蓄膿症、便秘解消】下痢の副作用には注意?

なた豆茶の効果・効能9選【腎臓回復、蓄膿症、便秘解消】下痢の副作用には注意?

 2018/02/17 健康  

「蓄膿症」などの「鼻周りの不調」や「腎臓疾患」などに「効果絶大!」との定評があり、今話題の「なた豆茶」。

あなたは、もうすでにお召し上がりになったことがありますか?

この「なた豆茶」によって、「疾患が改善した」との口コミもあるので、ぜひお試しいただきたいと思います。

ここでは、「なた豆茶の効果・効能」「効果的な飲み方」「副作用」などについてわかりやすく解説していきますので、最後までチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

なた豆茶とは

なた豆

なた豆茶

「なた豆茶」の「なた豆」の「原産地」は、「熱帯アジア」。昔から「中国の薬膳・民間療法」において「膿を出す妙薬」として使用されてきました。

「なた豆」が「日本」へと伝えられたのは、「江戸時代初期」であり、現在は「九州」「四国」「中国」地方などを拠点に栽培されています。中でも、「鹿児島県吉田町」が有名です。

この「なた豆」、実を言うと「完熟状態の種子」には「毒素・強いアク」が含まれており、私たちが実際に口にするには、手間ひまかけた「毒素・アク抜き」が必要となってきます。

例えば、「福神漬け」に使用されている「なた豆の若いさや」では、何回も「塩漬け」「水につける」などの作業繰り返しているのです。

もし、「なた豆」をそのまま食べてしまうと、「腹痛・下痢・嘔吐」などの症状を訴える恐れが出てきてしまいますが、そんな中、「日常的に手軽になた豆を摂取できないか」とのことで開発されたのが「なた豆茶」。

「なた豆茶」は、製造の「焙煎過程」において「毒素・強いアク」がしっかりと取り除かれるので、安心してお召し上がりいただけますよ!

栄養成分-カリウムなどの含有量-

「なた豆茶」には、「ビタミン」「ミネラル(カリウムなど)」「食物繊維」をはじめ、さまざまな「栄養成分」が含まれているのですが、これらを摂取することによって、「デトックス」への効果抜群!

また、「カフェイン」は含まれていないため、「ノンカフェイン」をお好みの方でも安心してお召し上がりいただけます。

以下、「栄養成分」になりますので、「なた豆茶」を活用した「健康づくり」の参考にしてみてください。

【なた豆(100gあたり)】

マグネシウム 169mg
カリウム 1.04%
カルシウム 390mg
ナトリウム 6.04mg
リン 453mg
13.7mg
亜鉛 31.3ppm
タンニン 1.68%
たんぱく質 25%
食物繊維 36.9%

【なた豆に含まれる主な有効栄養成分・作用・効果効能】

有効成分 作用 効果・効能
コンカナバリンA
  • 抗腫瘍
  • 初期段階におけるがん予防
カナバリン
  • 膿を排出する
  • 抗炎症
  • 蓄膿症関連症状の改善
  • 痔・痔ろう改善
  • 歯周病改善
  • その他治りにくい長引く症状の改善
ウレアーゼ
  • 腎臓機能の回復
  • 腎臓機能低下による症状改善
  • むくみ改善
  • 血圧改善
ビタミン・ミネラル・食物繊維
  • 腸の清掃
  • 便秘改善
  • 肥満改善
  • 花粉症などのアレルギー改善

赤なた豆茶と白なた豆茶の違い

「なた豆茶」では、主に「赤なた豆」「白なた豆」といった「2種類」の「なた豆」を使用。

この「2種類」の「なた豆」、「色合い」だけではなく、含まれる「成分」においても「違い」があります。

特に、「大きな違い」は、「毒性の強さ」です。元々、「豆類」であれば「毒性」はある程度含まれていることが多いのですが、「白なた豆」と比較しても、特に「赤なた豆」における「毒性」は高くなっています。

ところが、「赤なた豆」を「お茶」として製造するために行う「焙煎」などの過程において、「毒素処理」が適切に行われていることから、「赤なた豆茶」を飲んで「副作用」が生じたという例はありません。安心してください。

なた豆茶の効果・効能

蓄膿症(副鼻腔炎)・後鼻漏改善

「蓄膿症」は「副鼻腔炎」とも言われますが、これは「副鼻腔に膿が蓄積する」ことによって「息がつまる」「鼻や口周りに不快な臭いがする」「鼻汁・鼻水が喉に移動して口内が気持ち悪くなる・イガイガする」などの症状が発生する疾患。

「蓄膿症(副鼻腔炎)」の症状は、一見「鼻の風邪」のようなものと似ていますが、その状態が「長引く」というのがひとつの特徴と言えるでしょう。

こういった「蓄膿症(副鼻腔炎)」や「後鼻漏」など、「鼻周りの症状」に対する「民間療法」として利用されてきたのが、「なた豆」です。

「なた豆」を「お茶」にした「なた豆茶」を飲むと、「カナバイン」をはじめとする成分作用によって「代謝向上」「血行正常化」がなされるので、自然と「鼻の違和感」も改善されます。

比較的「症状が軽め」の方であるほど、「なた豆茶」による即効性は高く、「鼻の通り」「鼻水問題」は解決されていくでしょう。

「膿が出た」「痰が出る」という声も、挙がっています。

鼻うがい|アレルギー性鼻炎・花粉症対策に!

「なた豆茶」は、「飲む」他にも「うがい」に使用することで、さらに「効果」を発揮してくれます。

中でも、「アレルギー性鼻炎」「花粉症対策」など「アレルギーによる鼻周りの症状」を緩和させたいという場合は、「なた豆茶」の「成分」が「鼻の粘膜」へと直接行き届く「鼻うがい」がおすすめ!

「方法」としては、まず、「市販の鼻洗浄キット付属器具」や「スポイト」のようなものを用意し、そこに「ぬるめのなた豆茶に塩を少々加えたもの」を入れて「鼻」に注入してください。次に、「冷たいなた豆茶」で同様のこと行いましょう。

このように「ぬるめのもの」と「冷たいもの」を交互に使用して「鼻うがい」を繰り返すことによって、「鼻の血行」が改善され、「症状の緩和」がより早く進むのです。

もちろん、「なた豆茶を飲む」ことで、「カナバニン」の「抗炎症作用」や「豊富なミネラル」による「代謝促進」「免疫力向上」が見込まれますので、「アレルギー」にお悩みの場合はあわせて実践するようにしてみてください。

ダイエット効果

「なた豆茶」に含まれる「サポニン」には、「脂肪吸収抑制作用」があります。

これにより、「余分な脂肪分」を少しずつ落としてくれるため、「ダイエット」への「効果・効能」が期待できるのです。

「食事」と一緒にお召し上がりになると、「脂肪」が「体内」へ吸収される前に適切な処理がなされるので、非常におすすめ!

ぜひ、日々の習慣として取り入れみてください。

便秘解消効果

「なた豆茶」には、「コンカナバリンA」という「成分」が含まれているのですが、この「コンカナバリンA」は、「腸内」に蓄積されている「宿便」を「体外」へと排出してくれる働きがあることから、「便秘解消」への「効果・効能」が期待できます。

ただし、「便秘薬」のような「即効性」は期待できませんので、「急を要する場合」などは、そちらの方をご使用いただくことが適切と言えるでしょう。

あくまでも、無理のないペースで「便秘体質改善が見込める」とお考えになってください。

痔・痔ろう改善効果

「なた豆茶」は「痔・痔ろう」への「効果・効能」が期待できるのですが、中でも「膿が溜まる」という「いぼ痔」においては、「なた豆茶」の「デトックス作用」が最大限に発揮されます。

これは、「痔・痔ろう」の最大要因とも言える「冷え・血行不良」をしっかりと改善し、「身体」を根本から温めてくれるからです。

また、「痔・痔ろう」の場合は「飲む」だけに限らず、「お茶を煮出した後のティーバッグ」を気になる「患部」に「パッティング」してあげるとさらに効果大!この「ティーバッグ」にこそ、「栄養成分」がたっぷりと詰まっているのですよ。

このように、「身体」の「内外」から「ダブルケア」を行うことで、より早く「改善」が見られることでしょう。

腎臓機能回復によるむくみ・痛風改善

「尿」をつくり出すのが主な役割である「腎臓」は、別名「沈黙の臓器」と呼ばれ、「体内」における「老廃物」を「ろ過」することで「血液・体液」を正常化するという、非常に重要な「臓器」です。

もし、この「腎臓機能」が低下してしまうと、「糖尿病」「尿管結石」「痛風」などの疾患を引き起こしてしまいます。

近年では、「慢性腎臓病」という「肝機能が健康状態の60%にまで低下して腎臓異常に陥る状態」が長く続く「疾患」を負う方が増えているのですが、これは、進行すると「腎臓移植」などが必要となる、非常に恐ろしいもの。「身体の健康」を保つ上で、「腎臓」は、決して侮れない存在なのです。

このような「腎臓疾患の予防・改善」への「効果・効能」を期待できるのが、「なた豆茶」。

特に、「なた豆茶」に多く含まれる「ウレアーゼ」「コンカナバリンA」がそのカギを握っていると言えるでしょう。

ウレアーゼ 「尿素」を「アンモニア」と「二酸化炭素」に分解する「酵素」。「ウレアーゼ」が正常に作用することで、「毒素」を「体外」へと排出することができ、結果的に「肝臓機能」も回復する。「尿素分解」がしっかり行われると、「痛風」に対しても大きな「効果・効能」を発揮する。
コンカナバリンA 「腎臓」における「ろ過機能」を「回復させる効果」が期待できる。

また、「腎臓の働き」に異常があると、「むくみ」が生じやすくなります。

「むくみ」というと、「女性」に多い症状かと思いますが、この「むくみ」は、「筋肉」が少ないために「血液運搬能力」が低くなり、同時に「老廃物」の「排出」が上手く行われないということなのです。

つまり、この「むくみ」においても、「腎臓機能を正常化」させ、とにかく「体内の老廃物」をしっかりと排出できるようにすることが最重要。

特に、「老廃物」のひとつである「クレアチニン」が「体内」に蓄積されたままであると「腎臓」への「悪影響」を与えるばかりとなり、悪循環へと陥りますので、上記のような「疾患」にお悩みの場合は、日頃から「なた豆茶」を飲む習慣を身に付け、「腎臓」が良好に機能するようにしていきましょう。

血圧改善効果

「腎臓機能が低下」すると「血圧も高くなる」という傾向にあります。つまり、「腎臓」が「正常化」されれば、「高血圧改善」への「効果・効能」が期待できるということです。

これには、前述したように「なた豆茶」に含まれる「ウレアーゼ」「コンカナバリンA」の作用が非常に有効となりますので、ぜひ「なた豆茶」を活用してみてください。

糖尿病改善効果

「なた豆茶」には、「糖尿病改善」への「効果・効能」も期待できるという話があります。

これは、長年「糖尿病」を患っており、「インシュリン注射」が欠かせないという方の実例なのですが、何と、「なた豆茶」を飲みはじめてから「約1年後」には、「糖尿病患者」の検査数値として用いられる「HbA1c値」が「正常値(4.3~5.8)」になるという、大きな変化が見られたのです。

その後、「なた豆茶」を飲まずにいると、また「HbA1c値」が元に戻りつつある結果となっていることから、「なた豆茶」による「効果」は非常に大きいものと言えるでしょう。

【A氏のなた豆茶摂取後におけるHbA1c値の変化】

2001年1月 HbA1c値=8.9
2002年5月 HbA1c値=6.7 「インシュリン」を使用
2003年12月 「なた豆茶」を飲み始める
2004年3月 HbA1c値=5.8 「インシュリン」を使用してからはじめて「HbA1c値=正常値」に収まる
2004年7月 HbA1c値=5.7 「HbA1c値=正常値」の範囲内に収まっている
2004年9月 HbA1c値=6.1 「なた豆茶」を飲まなかった

(参考:なったんのなたまめっ茶(有限会社新興))

体臭・口臭改善効果

「なた豆茶」に含まれる「カナバニン」「コンカナバリンA」には、「口内」における「善玉菌を増やす」という働きがあります。

また、「タンニン(ポリフェノールの1種)」にも、「殺菌・消臭作用」があることから、「口臭」に限らず「体臭」の「予防・改善」への「効果・効能」が期待できます。

なた豆茶の効果的な飲み方

効果を実感できる飲み方・期間とは?

「なた豆茶」を「飲むタイミング」として、おすすめのものは特にありません。

時々、「夜に飲むことで吸収されやすくなる」という声も聞きますが、「この時間帯に飲まなければ効果が得られない!」などのいうことは、「ない」のです。

「飲む時間帯」よりも重要なことは、「毎日1杯は飲むのを続ける」こと。

「ついつい忘れやすい」というような方は、「毎朝起きたら飲む」「寝る前に飲む」「お昼休みに飲む」というように、「飲む時間」を決めるようにすると良いでしょう。

「効果を実感できる期間」はどの程度なのか。これもまた「個人差」が大きいのですが、「鼻詰まりの解消」であれば、「数週間」で何かしらの「効果」を実感できるのではないかと考えます。

尚、「なた豆茶」を「煮出したティーバッグ」は、「冷蔵保存」をすれば「2~3日」は日持ちしますので、ぜひ「うがい」「鼻うがい」「入浴剤」などとして活用してみてください。

「内外からのダブルケア」によって、さらなる「効果・効能」が期待できますよ!

なた豆茶の口コミ

上記のように「蓄膿症」などの「鼻周りの疾患」や「腎臓疾患」に大きな「効果・効能」が期待できる「なた豆茶」ですが、実際に飲用している方の「口コミ」が気になってきますよね。

ここからは、その「実際の声」を「効果あり」「効果なし」に分けて見ていくことにしましょう。

尚、「口コミ」を見る限りでは「蓄膿症(副鼻腔炎)に効果はない」とおっしゃっている方もいますが、これには「なた豆茶の効果が現れる期間」や「体質合う・合わない」が関係してきているのではないかと察します。

効果あり

効果なし

美撰のなたまめ茶飲んでみた感想

美撰なたまめ茶が届きました

私も実際になた豆茶を飲んでみました。今回飲んでみたのは「美撰 なたまめ茶」です。

美撰のなたまめ茶の成分

美撰のなたまめ茶の成分は「刀豆、玄米、黒豆、ハブ茶、桑の葉」と余分なものが一切入っていなのがいいですね。

美撰 なたまめ茶の1パック

袋の中には、30袋(3g×30袋で90g)入っています。写真のように使いやすいサイズです。

美撰のなたまめ茶を煮出す前

作り方としては、「煮出し」と「水出し」があります。煮出しの場合は、1Lの水に対して2袋です。沸騰したお湯に弱火で5分間熱します。

美撰のなたまめ茶を煮出した後

沸騰したお湯に5分間ほど煮出せば、完成です。

美撰 なたまめ茶の色・味

今回は煮出しで作ってみました。色は写真のように茶色です、烏龍茶に似ています。そして味も、烏龍茶に似ています。煮出しで作ったため、ホットウーロン茶とかなり似た味になりました。

ウーロン茶のような味なので、とても飲みやすく食事にも合います。煮出しで作れば1パックで500ml程度のたなまめ茶を作れるので、コスパもいいです。「美撰 なたまめ茶」は以下のリンクから公式サイトに飛べます。

【詳細】美撰 なたまめ茶

後日水出しでも作ってみました。

美撰 なたまめ茶を水出しする前

水出しの場合は、1Lの水に対して3袋入れて、2~3時間程度待てば完成です。

美撰 なたまめ茶を水出した後

冷蔵庫に入れて2.3時間もすればしっかりと色がつき、しっかりと味もでています。

水出しの場合もやはりウーロン茶のような味で、食事にもよく合うので、食事の時に飲んでいます。

なた豆茶の副作用

飲み過ぎても大丈夫?1日に飲む量の目安とは?

「なた豆茶」の「1における摂取量・飲む量の目安」は、「500ml程度」です。

「なた豆茶」は「医薬品」ではないため、仮に「飲み過ぎた」としても「大きな副作用」が生じるわけではありません。ただし、その日の「体調」や「体質」によっては「お腹が少し緩む」「トイレが近くなる」といったことが生じる恐れがありますので、注意しましょう。

過度な利尿作用

前述したように、「なた豆茶」を「飲み過ぎ」て、「1L以上」の量を摂取してしまうと「過度な利尿作用」が生じ、「トイレが近くなる」という恐れがあります。

特に、「勤務中」などはそのような状態に陥ると支障が出るでしょうから、「飲む時間帯」や「量」については気を配るようにしてください。

下痢・頭痛を引き起こす恐れあり?

「なた豆茶」の場合、「飲み過ぎ」によって過剰な「下痢・頭痛」などの「副作用」が生じるようなことはありません。これに関しては、前例もないので安心してください。

ただし、「市販されているなた豆茶」の中には、「なた豆」の時点での「毒素・強いアク処理」がしっかりと行われていない商品が販売されているので、「なた豆茶」を購入する際には「製造業者」「製造過程」などをしっかりとチェックする必要があります。

こういった、「不良品」を口にすると「下痢・頭痛・吐き気」などを引き起こす恐れがあるため、要注意!

また、どんなに「良質」とされているものでも、「体質に合う・合わない」というところは出てきてしまいます。

心配な方は「少しずつ」飲み始めるようにし、「不調」を感じるようであれば、本格的な摂取は控えるようにしましょう。

妊娠中(妊婦)・赤ちゃん・子供でも安心!

「なた豆茶」は、「ノンカフェイン」。「カフェイン」が入っていないため、「妊娠中(妊婦の方)」「赤ちゃん」「お子さま(子供)」でも「副作用」について心配する必要はありません。

「1日における摂取量の目安」である「500ml程度」を参考に、お召し上がりになってみてください。

豆アレルギーがあっても大丈夫?

「なた豆茶」を飲む上で、「豆アレルギー」をお持ちの方は注意が必要!「なた豆」も「豆類」に属しますので、個人差はあるものの「湿疹」「痒み」「呼吸困難」などを引き起こす恐れがあるからです。

また、少量を飲んでみて「何かしらの違和感」を感じた場合も、本格的な摂取をやめ、医療機関などで相談するようにしてください。

まとめ

ここまで、「なた豆茶の効果・効能」「効果的な飲み方」「副作用」などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

「なた豆茶」には、「蓄膿症」などの「鼻周りの不調・アレルギー」をはじめ、「腎臓機能回復」により「痛風」「むくみ」「糖尿病」「血圧」といった疾患に対して、時間をかけて「改善」してくれる「効果・効能」が期待できます。

また、「1日における摂取量・飲む量」は「500ml程度」がおすすめですが、仮に「飲み過ぎ」てしまっても、「大きな副作用」の心配はありません。

ただし、「なた豆」に含まれる「毒素・強いアク」がしっかりと処理されていないと「下痢・腹痛」などの症状を引き起こす恐れがありますので、購入時には、「製造過程」などについてよく確認するようにしましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

Corollia[カローリア]の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Corollia[カローリア]の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  • 骨盤矯正パンツ(ショーツ)の効果と口コミ|痩せるって本当?

  • アーモンドミルクの効果・効能8選【ダイエット・妊活・ニキビ】味はまずいって本当?美味しい飲み方

  • 体に悪いって本当?グレープシードオイルの効果・効能と危険性|揚げ物には使えない?

  • 【産後骨盤ベルトの正しい付け方・位置】いつからいつまで?寝るときは?

  • 【徹底比較】アスタキサンチンサプリのおすすめランキングベスト5

  • アカモク(ぎばさ)の効果・効能5選と食べ方|食べ過ぎるの副作用には注意?