1. TOP
  2. バオバブオイルの効果・効能3選と使い方【アトピー・ニキビ改善に】

バオバブオイルの効果・効能3選と使い方【アトピー・ニキビ改善に】

 2018/02/11 美容  

「アルガンオイルが美容に効果抜群」であるということは、多くの方が知っているかと思いますが、さらに「効果が期待できる」としている「バオバブオイル」が今注目されていますよね!

ここでは、「バオバブオイルの効果・効能」「各部位への使い方」「おすすめのバオバブオイル」についてわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

スポンサードリンク

バオバブオイルとは

バオバブオイル

「アフリカ」の大自然の中で育つ「長寿の巨木」=「バオバブ」から抽出される「バオバブオイル」の大きな特徴は、「オイル」であるのに「ベタつかない」というところ。

「美容への有効成分」がたっぷりと含まれているので、「ヘアケア」から「スキンケア」など、幅広い使い方を楽しむことができます。特に、「冬場」の「乾燥」による「肌荒れ」「髪のパサつき」へのお手入れにおすすめです。

有効成分|アルガンオイルとの違いは?

ビタミンE

「バオバブオイル」の「有効成分」として、まず取り上げたいのが、「抗酸化・アンチエイジング・肌荒れ(くすみやニキビ)」の「予防改善」に強力な「効果」を示してくれる「ビタミンE」です。何と、「バオバブオイル」には、「100gあたり」に「93mg」も含まれています。これは、同じく「美容効果」の高いとされている「アルガンオイル」の「約2倍」の数値となります。

バオバブオイルのビタミンE(トコフェロール)含有量

リノール酸

「リノール酸」は、代表的な「多価不飽和脂肪酸」。「体内」では生成することができない「必須脂肪酸」の1つです。

これは、「血糖値・血中コレステロール・血圧抑制」の他、「肌」への「親和性」が高いことから、「保湿」「抗炎症」「アンチエイジング」など「スキンケア効果」にも大きな「効果」をもたらしてくれます。

パルミチン酸

「パルミチン酸」は、「抗酸化作用」が高く、「過剰な皮脂分泌」「しわ・シミ」「ニキビ」をしっかりと「抑制」してくれる「効果」が期待できます。「バオバブオイル」における「含有量」は「100gあたり」で「23g」と、「アルガンオイル」よりも「約10g」も高いというのも、優れているポイントです。

バオバブオイルのパルミチン酸含有量

(参考:バオバブオイル天然のビタミンEがたっぷり!(バオバブ・サンライズ))

酸化しやすい?

「バオバブオイル」は、前述したように「抗酸化作用」の強い「ビタミンE」が豊富に含まれていることから、比較的「酸化しにくいオイル」の1つと言えるでしょう。

ただし、「開封後」はどうしても「空気」に触れることが増えるため、少しずつ「酸化」が進んでいきます。可能な限り、早めに使い切るようにしてください。

バオバブオイルの効果・効能

アンチエイジング効果

「バオバブオイル」は、「保湿」「抗酸化」の働きが優れていることから、「アンチエイジング」への「効果・効能」が期待できます。

アトピー・ニキビケア効果

「バオバブオイル」は、「瘢痕形成」への働きが優れていることから、「傷あと」「ニキビ」「アトピーによる痒み・傷」などへの「治癒効果」が期待できます。

日焼け・紫外線ケア効果|髪&肌のダブルケアに!

「バオバブオイル」は、「極端な気温変化」「紫外線」などの「外的要因」から「肌」「髪」などを保護してくれます。「日焼け」の「予防改善」への「効果・効能」が期待できるでしょう。

バオバブオイルの使い方

「髪」から「肌」へとさまざまな方法として活用できる「バオバブオイル」。ここからは、この「バオバブオイル」の「各部位への使い方」をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ヘアケア|お出かけ前のヘアセットやパサつきの抑制に!

【使い方】

  1. 「バオバブオイル」を「2~7滴」手にとって「髪」に揉み込んでいきます。
  2. 「ドライヤー」でしっかりと乾かせばOK。「ツヤサラ」の「ヘアスタイル」に仕上がりますよ!

頭皮マッサージ

【使い方】

  1. 「バオバブオイル」を「5~7滴」手にとって「頭皮」にしっかりと「マッサージ」をしていきます。
  2. 少し時間を置いて「オイル」を浸透させます。
  3. 「シャンプー&リンス」をして丁寧にすすぎ終えればOKです。

クレンジング|毛穴汚れもキレイにオフ!

【使い方】

  1. 「100円玉」程の大きさの「バオバブオイル」を手に取って「顔全体」「気になる部位」に「クルクル」となじませていきます。
  2. 「汚れ」が浮いてきたら「ぬるま湯」で優しくすすいであげればOKです。

ブースター

【使い方】

  1. 「1~2滴」の「バオバブオイル」をお手持ちの「化粧水」や「美容液」に混ぜ合わせます。
  2. 「1」を「顔全体」になじませればOK!「しっとり」とした肌に仕上がるでしょう。

バオバブオイルの口コミ

ここまで解説してきたように、「美容効果」が非常に高い「バオバブオイル」ですが、実際に使用された方はどのような感想を持っているのでしょうか?

ここでは、「twitter」での投稿を参考に、その「口コミ」について見ていきたいと思います。

バオバブオイルおすすめ人気3選

おすすめ[1]バオバブオイル(サバンナの恵みバオバブ)

バオバブオイル(サバンナの恵みバオバブ)

商品名 バオバブオイル
メーカー・ブランド サバンナの恵みバオバブ(株式会社フッカーコスメチックス)
公式サイト バオバブオイル(サバンナの恵みバオバブ)

「サバンナの恵みバオバブ」の「バオバブオイル」は、「100%ピュア」の「オイル」です。「肌」にとっても優しい仕上がりとなっているのがおすすめポイント!「髪」から「肌」へと幅広く安心してご使用いただけます。

おすすめ[2]Baobab Oil(AuraCacia)

Baobab Oil(AuraCacia)

商品名 Baobab Oil
メーカー・ブランド AuraCacia
公式サイト Baobab Oil(AuraCacia)

「Aura Cacia」の「 100% ピュアバオバブオイル」は、「USDA」「QAI」の「オーガニック認証」を受けた、本場「アフリカ」の「バオバブ」から抽出されています。特に、「乾燥肌」の方におすすめしたい、「しっとり肌」になれる「オイル」です。

おすすめ[3]バオバブオイル(バオバブ・サンライズ)

バオバブオイル(バオバブ・サンライズ)

商品名 バオバブオイル
メーカー・ブランド バオバブ・サンライズ
公式サイト バオバブオイル(バオバブ・サンライズ)

「バオバブ・サンライズ」の「バオバブオイル」は、「アフリカのマラウイ」における「バオバブ」から抽出された「天然ビタミンE」が豊富な「オイル」です。非常に「伸びが良く・なめらかな使い心地」であるのが特徴的な他、便利な「ポンプ式タイプ」も用意されています。

まとめ

ここまで、「バオバブオイルの効果・効能」「各部位への使い方」「おすすめのバオバブオイル」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

「バオバブオイル」には、「抗酸化作用」の高い「ビタミンE」をはじめ、「リノール酸」「パルミチン酸」などの「美容有効成分」が非常に豊富に含まれています。

これにより、「ニキビ・アトピー」や「紫外線・日焼け」などによる「肌ケア」「髪・ヘアケア」への「効果・効能」が期待できますので、ぜひ1度お試しになってみてください。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

Corollia[カローリア]の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Corollia[カローリア]の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  • クルールキャラメルを徹底解説!代表商品と口コミ

  • アーモンドミルクの効果・効能8選【ダイエット・妊活・ニキビ】味はまずいって本当?美味しい飲み方

  • ハーブピーリングの効果と剥離の様子|トラブル・副作用はある?

  • ホットミルクの効果・効能6選【ダイエット、睡眠、便秘、生理痛】寝る前に飲むと太るの?

  • ボラージ(ボリジ)オイルの効果・効能と副作用

  • シークワーサージュースおすすめランキング3選!原液を使用したレシピ・作り方も紹介