1. TOP
  2. エラスチンの含有量が多い食品(食べ物)とおすすめサプリ

エラスチンの含有量が多い食品(食べ物)とおすすめサプリ

 2017/10/27 健康  

「エラスチン」は、今注目されている「保湿成分」の1つであり、肌を構成するうえで非常に重要な役割を背負っています。

いつまでも若々しく、ハリのある美肌でいたいという女性にとっては、「コラーゲン」とともに欠かすことはできません。もし、体内の「エラスチン」が不足すれば、肌の弾力性が失われ、「たるみ」「シワ」の原因ともなってしまうからです。

ここでは、「エラスチンとは何か」というところから、「エラスチンの含有量が多い食品(食べ物・食材)」「おすすめのサプリ」をわかりやすくご紹介していきますので、最後までチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

エラスチンとは

皮膚層の「真皮」や「血管」などの部位に多く存在し、「コラーゲン」と「コラーゲン」を結合させて弾力性・伸縮性を保持するという重要な働きを担うものが、800以上の「アミノ酸」で構成される繊維状タンパク質の「エラスチン」。

何と、私たちの身体における「エラスチン含有量」は、以下の通り非常に多くなっています。

特に、「美容」「美肌」への関心が高い女性にとって、「真皮」に含まれる「エラスチン」は必要不可欠な成分であると言えるでしょう。

エラスチンを含む身体部位 各身体部位におけるエラスチンの含有量・割合
靭帯(じんたい) 80%程度
動脈 50%程度
20%程度
真皮(アミノ酸・コラーゲン・エラスチンで構成) 5%程度

エラスチン

(画像出典:コラーゲンLabo.com)

エラスチンの含有量が多い食品(食べ物・食材)

「エラスチン」の含有量が多い食品(食べ物・食材)は、「牛すじ」「馬肉」「カツオ」「小魚」などになりますが、「エラスチンを増やしたい」と言ってこれらの食品(食べ物・食材)を大量に経口摂取しても、体内に吸収されるには分子サイズが大きいために分解されてしまい、これといった効果は見られません。

エラスチンの含有量が多い食品(食べ物・食材) 特にエラスチンが豊富な食品(食べ物・食材)の部位など
牛肉  牛すじ・心臓・軟骨
豚肉  豚すじ・心臓・モツ・軟骨
鶏肉  手羽先・モツ・軟骨
馬肉  靭帯・腱・軟骨
カツオ  心臓・動脈球・軟骨・皮(皮は煮魚などにして食べると◎)
 心臓・動脈球・軟骨・皮(皮は煮魚などにして食べると◎)
小魚  しらす・いわし

エラスチンの含有量が多い牛すじ

エラスチンの摂取量

エラスチンの1日における摂取量の目安は「100〜200mg」という説がありますが、前述した通り、適量の「エラスチンを多く含む食品(食べ物・食材)」を直接的に摂取しても、大きな効果は期待できません。

では、「エラスチン」を増量させるには、一体どうしたらよいのでしょうか?

「やっぱり、エラスチンを通常の食事を通して食品(食べ物・食材)を経口摂取しながら増やすのは厳しいのかしら…」

いいえ、決してそうではなく、以下のような「ビタミン」「ルテイン」「亜鉛」「ミネラル」「植物性エストロゲン」といった栄養成分を積極的に食事に取り入れて「エラスチン」の生成を促す「線維芽細胞」を過剰な活性酸素から保護したり、皮膚の弾性繊維である「コラーゲン」を増やしたりすることで、「エラスチン増量」を手助けすることができますよ!

ぜひ、参考にしてみてください。

エラスチン生成を促す栄養素 エラスチン生成を促す食品(食べ物・食材)
ビタミンA 牛レバー
豚レバー
鶏レバー
フォアグラ
卵黄
海苔(のり)
うなぎ
鮟肝(あんきも)
銀鱈(ぎんだら)
あなご
人参
モロヘイヤ
しそ
パセリ
マンゴー
メロン
ビタミンK 明日葉
ほうれん草
納豆
わかめ
抹茶
ルテイン ケール
キャベツ(ちりめんキャベツ)
ほうれん草
小松菜
かぼちゃ
亜鉛 牛肉
カニ
牡蠣(かき)
たらこ
貝類
チーズ
ヨーグルト
ゲニステイン(植物性エストロゲンの一種・イソフラボン) 豆乳
豆腐
納豆
テンペ
枝豆

エラスチンを増やすケール

エラスチンを増やすためにおすすめのサプリ

前述してきたように、食事から「エラスチン」を増やすには、ダイレクトではなく少し遠回りをしてコツコツと継続していくことが必要ですが、これは「健康食品」「サプリ」でも同様です。

ただし、「サプリ」の場合は、食事のようにメニューにとらわれることなく、確実に欲しい栄養成分を摂取することができますので、なかなか食事の内容を考えている余裕がないという方にはおすすめの手段と言えるでしょう。

ところが、一言で「サプリ」といっても「ドリンクタイプ」「錠剤タイプ」など本当にさまざまで「どれを選べばよいのか」と迷ってしまいますよね。

そんなあなたのために、ここからは「特におすすめのサプリ」を厳選していきます。

[おすすめ]マルチビタミン&ミネラル(Nature Supplement・ナチュレサプリメント)

サプリの特徴とおすすめポイント

Nature Supplement・天然サプリメント専門店ナチュレサプリメントのマルチビタミン&ミネラル

商品名 マルチビタミン&ミネラル
メーカー・ブランド Nature Supplement・天然サプリメント専門店ナチュレサプリメント(株式会社ナチュレ・ホールディングス)
原材料  キャロットオイル、魚油、ローズヒップ、野菜油、大豆油、アルファルファ、酵母、パセリ、オランダガラシ、オイスターシェル、海藻、米糠、小麦胚芽、野菜蛋白(やさいたんぱく)
1日の摂取量 2粒
(過剰摂取は控えて1日の摂取量を守るようにしましょう)
購入方法 公式サイトで購入可能
(楽天ID決済&Amazonアカウントが使用できます)
公式サイト マルチビタミン&ミネラル(天然サプリメント専門店ナチュレサプリメント)

【公式サイト価格】

通常公式価格
(税込)
90粒
(約45日分)
3,564円+送料全国一律600円
(合計金額6,000円以上で送料無料)

Nature Supplement・天然サプリメント専門店ナチュレサプリメントの「マルチビタミン&ミネラル」は、1粒の中に自然の恵みを存分に生かした「ビタミン12種」「ミネラル10種」を含む、超天然の「サプリ」です。

加工にも、日本ではめったに見ることができない「タイムリリース加工」と「キレート加工」を取り入れることで、体内では栄養成分がより効率的に作用。

もちろん、「砂糖・食塩・人工甘味料・人工溶解剤・防腐剤」などの身体に負荷をかけるような添加物は、一切使用していませんので、安心してお召し上がりいただけます。

  • タイムリリース加工
    ミクロカプセルの中に「ビタミン」を包み込み、6~8時間という長い時間をかけて溶け出る処理を施すことで、栄養成分をより長く体内に蓄えることができる。
  • キレート加工
    「アミノ酸」で「ミネラル」をコーティングすることで、一般的には中々吸収されない「ミネラル」の吸収率を格段にアップさせている。

良い口コミ

【@cosmeより】

ナチュレサプリのマルチビタミン&ミネラルは何回もリピートしています。はじめは少しサイズが大きいかなと感じるのですが、慣れてくれば全く問題ありません。原材料にもこだわりが見られます。私の場合は1日1粒摂取を取り入れていますが、肌に吹き出物ができてしまっても、治るペースがとても早いです。天然原料を使用している関係でサプリ自体に色ムラがでることがあるようですが、品質には一切問題にとスタッフの方がおっしゃっていました。天然素材ならではで、逆に安心できますね。これからもリピートしていこうと思います。(30代・女性)
私が飲用をはじめて2ヶ月が経ちますが、おでこのニキビができにくくなったり、生理前に恒例になっていた口元のぷつぷつとした炎症が発症しなくなりました!何と言っても、天然素材にこだわっているので、安心できますね。また、マルチビタミン&ミネラルを飲むようになってからは、身体の調子も良いです。サプリサイズが少し大きめなのではじめは飲みにくいかもしれませんが、毎日の食事では補えない成分も多々あるので、これからもぜったいに続けていきたいと思います。(30代・女性)
これまでに色々なサプリを試してきましたが、ようやく安心しながら効果を実感できるサプリに巡り会えました。こちらのマルチビタミン&ミネラルは、天然素材を原料としているので、体内への吸収率が非常に高いといいます。実際の効果は、人によって違ってきますね。私の母や姉、美容への関心の高い友人の場合は「疲労軽減」「ニキビ改善」「口内炎改善」などの変化があったようですが、私の場合は冬場にリップクリームを何度も塗らなくても、「リップの乾燥」が気にならないほどに改善されました。他にも、疲労を感じたときにできてしまう「肌荒れ」が改善されるようになっています。新たにサプリを探してらっしゃる方には、ぜひ試していただきたい。そう思えるほどの価値はありますよ。(30代・女性)

悪い口コミ

口コミが良いので飲み始めてみたのですが、残念ながら私には合いませんでした。1日2粒摂取をしていたのですが、生理の前になると口の周りに吹き出物ができてしまったのです。結膜炎にもなりました。こちらのサプリは自然素材で加工にもこだわっているので大きく期待していたのですが、自然素材でも「合う」「合わない」というのがあるのですね。(40代・女性)

まとめ

ここまで「エラスチンの含有量が多い食品(食べ物・食材)とおすすめサプリ」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

「エラスチン」は「コラーゲン」と「コラーゲン」をつなぎとめる重要な働きをしていますが、「エラスチンを増やしたい」からといって「エラスチン」をダイレクトに取り入れるのは、逆に非効率的です。

はじめは遠回りに感じるかもしれません。ですが、「ビタミン」「ルテイン」「亜鉛」「ミネラル」「植物性エストロゲン」などが含まれている食品(食べ物・食材)」や「サプリ」を丁寧に、コツコツと摂取していきましょう。

そうすることで、徐々に効果効能を実感できるはずですよ!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

Corollia[カローリア]の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Corollia[カローリア]の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  • アーモンドミルクの効果・効能8選【ダイエット・妊活・ニキビ】味はまずいって本当?美味しい飲み方

  • 【危険性】 エリスリトールは血糖値を抑え糖質制限の定番だが副作用はあるのか?

  • 【徹底解説】田七人参の効果・効能と副作用

  • クレアチンローディングは必要なし?飲むタイミング・摂取量の目安

  • 玄米茶の効果・効能8選【ダイエット・癌・白髪・便秘】飲み過ぎると太る?

  • ハブ茶の効果・効能【肝臓・ダイエット・口内炎】と副作用